茶道具の買取と販売 壷中堂
  1. ホーム

砂張利休エフゴ建水 11代 中川浄益作

■利休形 唐銅餌畚建水」=利休形ですので、これを基本と考えて、持っているとよいでしょう
■中川 浄益(なかがわ じょうえき)は千家十職の一つ、金物師(かなものし)の中川家当主が代々襲名する名称。元々は越後国で甲冑・鎧を作っていたが、茶道具を初めて手掛けた初代・中川與十郎が紹益を名乗り、二代目浄益以降の当主は浄益という名を継いでいる。

2007年現在は十一代浄益が当主。十代の長男として生まれ、京都市立第二工業高校(現在の京都市立伏見工業高等学校)金属工芸科卒業。父の死後、1940年に十一代浄益を襲名した。

■キズもなく美品です。残念ながら12代は空位。9×12,5センチ

購入数

売り切れ

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
茶道具 美術工芸品 販売と買取 壷中堂[こちゅうどう] 札幌 http://www.kochudou.jp/
代表 鎌田宗閑
壷中堂の代表をしている鎌田宗閑です。 現在に至るまで38年の間、茶道具、美術工芸品を扱っています。 実店舗同様ご愛顧、宜しくお願い致します。
店長日記