茶道具の買取と販売 壷中堂
  1. ホーム

油屋肩衝(唐物)写茶入 笹田有祥作

堺の商人、油屋常信が所持したことにより、その名があります。作行はきわめて優れ、肩衝の様子や胴の張り位
合等、誠に上品で、唐物茶入の趣を充分みせています。「大名物」ですが、松平不昧殊更に珍重し、雲州蔵帳の
「宝物」の部に入れています。
■中古品ですが状態は綺麗でご使用には問題ありません。
■仕覆は花兎金襴
笹田有祥
■昭和27年 京都生まれ。
昭和45年 京都市立日吉ケ丘高校陶芸科卒業。
昭和46年 京都府立陶工訓練校卒業。
昭和47年 京都市立工業試験場陶磁器技能者養成所卒業。
昭和48年 手塚央に師事。茶陶を指導される。
昭和50年 独立 五条坂共同登り窯にて訪う唐物写茶入の制作を始める。
昭和56年 京都東山梅ケ谷工房を移す。
昭和62年 五条坂共同登り窯廃止に伴い西加茂に現工房を築く。
平成元年 京都丹波瑞穂町にて登り窯参加。
平成08年 京都市北区西加茂にて新工房を建て、茶道具の制作を中心に現在に至る。
高さ8,6センチ 径7,5センチ

購入数

売り切れ

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る